スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去未来 4

4話目

次からは更新をお待ちください!



葵サイド

夜中、急に目が覚めた。

「んー・・・・・ 散歩でもいこうかな」

そんな気乗りで外に出たんだ。

そして山の方面へ行くとそこは、



        大火事になっていた



俺は立ち止まって炎をずっと見ていた。

何もできずただ立ち止まっていた。

そのときだ、なぜかミニドラゴンのことを思い出したんだ

次の瞬間氷が空から降り注ぐ。

俺はすかさず結界を広げ近くにいる人たちまで広げ氷から守る

氷が治まったとおもい結界を解くと炎が消えていたことに気がついた。

なぜか俺はそれが不思議におもい山に乗り込んだんだ。

村人の話も聞かずに

来る途中カニのハサミを捨てて右手をおもいっきし空気につっこむとそこが暗闇の空間につながる

「巨大ハサミ!」

そう叫ぶと手に違和感を感じをそれをつかむ

それを引き出すと身長並みのハサミが出てきた。

「原因の木をぶった押してみるか」

俺はそういうとおもった方向の道を進む。

そうすると真っ赤に燃えた木が1本あった。

何も考えていないのに手が動く。

ハサミの刃で木を1発で切り落とし懐にある氷結魔法のカードを使い木を凍らせる

終わったとたん体から力が抜け地面に座った

(何でおれが?しかもこのでかいハサミは何、へ? 俺は文房具用しかもったことないのに!)










龍鬼はフラフラと飛びながらあの小屋へと行く

そこには結界があり中には小屋が見えた

「あれどうりならもうすぐ・・・」

そうつぶやくと結界内の地面が割れた。

「龍兎・・・ 大丈夫だよな」

龍鬼は静かに地面へと戻り結界前へ行きラストのカードを使い炎を収める

水蒸気の中に青い氷の塊があった・・

「まさか!!!!」

龍鬼はめったに使わない短刀をとりだし突入していく

結界をくぐり氷を割ると中にいる人は親の元へ走っていく

龍兎はその場に倒れた。

近寄って龍兎を抱えると静かにしゃべった

「大丈夫だよー・・」

「・・・宿に強制転送」

手にカードを握りながらいうと2人の姿は消えた。



ストン


龍鬼は部屋へつくとうさうさをベットに寝かせた。

「日が昇る前にでるか」

突然部屋の扉がたたかれた

「どちら様?」

龍鬼がそういってあけるとそこにはカニのハサミをもった男がいた

「旅・・・してますよね?」

「いきなりなんですか このやろう」

龍鬼・・・なんか嫌悪ムード

「なんか変じゃないかな」

葵・・必死にこらえます

「旅なら『2人』で十分ですが なんですかこのやろう」

「俺だって役に立つから連れてけ この野郎」

そのときベットから声がした

「何だよ人が寝てるのに 騒ぎやがって このクズが・・・・・」

「「・・・・・・」」

最強ここにいた・・・

2人は握手をし龍鬼が小さな声でいった

「認めてやるよ、お前の部屋は?」

「隣」

「日が昇る前にこの村を出るからしたくしとけ」

「了解」

葵が出て行ったのを見ると龍鬼はちょっとだけ仮眠をとった。






外がうっすらと明るくなってきた時間帯

「・・・でるかー」

龍鬼は寝ているうさうさこと龍兎をたたき起こす

「もう朝ー?」

龍兎は外を見るとうっすらと明るいのを見た

「あー・・・・ おきる」

うさうさは10分で着替えおえ、部屋を出た

「zzzzzZZ」

部屋を出た目の前にはあの葵とかいった人物が着替えてかばんを持ち・・・

壁に寄りかかりながら寝てた

「あ・・・ しゃーねー」

龍鬼は葵の肩をつんっっとつっつくとその反動で・・・ 

ドスッ

「いてっ」

「お、おきたか」

龍鬼はしゃがんで手を伸ばした

「んじゃ、よろしく。 俺は菜風 龍鬼」

後ろでうさうさが眠そうな顔をしていった

「俺はー 菜風 龍兎ってんだー・・  あーねむ」

葵は龍鬼の手をとって言った

「ただの放浪者の神凪 葵だ」


そして新たに葵が加わり冒険はまだまだ進む。

「あ、りゅー・・・き?だっけ? 次の町決まってる?」

「決まってないねー うさうさも行きたい場所ある?」

「(・・・ねえさん最近この世界にきたのに) ないよー」

龍鬼たちは静かにカウンターへ行って本を置いて出て行った

おいた本には1まいの紙が挟んであった

そこには・・



楽しかったよ皆  by菜風 龍鬼


また合える日まで  by菜風 龍兎




次の朝このメモを見て村中が大騒ぎになることも知らないで龍鬼たちは村をでていった

「さて適当にあるくかー!」

「「おー!」」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

続きwktwktkwtkwtkwk!


良いキャラしてるなあ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。